ブライダルローン審査甘い銀行は?審査落ちしないおすすめローンの組み方

結婚式には大きくお金がかかりますよね?当サイトでは結婚資金を調達するためのブライダルローンでのお金の借り方や審査基準に関してご紹介します。
ページの先頭へ
トップページ > 総量規制をご存知ですか?総量規制とは収

総量規制をご存知ですか?総量規制とは収

総量規制をご存知ですか?総量規制とは収入の1/3を超える融資を禁止にした規制で主に消費者金融などに適用されます。

結婚式にかかる費用はおおよそ250万円から350万円と言われていますから総量規制が考えると、年収が750万円から1
050万円必要になってしまいます。

若い人はそんな収入はないでしょうし、すでにカードローンを利用している人は、借りられないのではと不安になってしまいますよね。

しかし、銀行の場合貸金業法は関係ありませんしクレジットカードを取り扱う信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されますから総量規制の対象外となるのです。

但し、クレジットカードのキャッシングで融資を受けると貸金業法が適用され、総量規制の対象となりますのでご注意ください。

ブライダルローンは楽天銀行などのように専門のローン提供している場合もありますがほとんどの銀行では多目的ローンといった形で対応することが多いようです。

クレジットカード会社が提供しているブライダルローンはというと、式場と提携しているケースが多く、クレジット会社指定の式場で結婚式をあげることが融資を受ける条件になっていたりします。

銀行のブライダルローンの金利は5から7%が相場なのに対し式場提携タイプのブライダルローンは6.0%から15.9%と高めに設定されています。

金利面では銀行のブライダルローンのほうが圧倒的にお得に思えますがクレジット会社の中にも、銀行と匹敵するほどの低金利なものもあります。

その中イチオシなのがジャックスのプレシャンテです。

金利6.5%と楽天銀行よりも低金利な上、限度額は500万円と銀行よりも高額で、しかもクレジット対応なので口コミ評価は良いようです。

結婚式や新婚旅行にも使えるみずほ銀行多目的ローンがあります。

多目的ローンを含めた無担保ローンの借入残高が前年度税込年収の50%以内であることが条件です。

更に低い金利である変動金利も選択できます。

又、現在みずほ銀行にて、証書貸付ローンを利用中(利用していた人)の人はさらに年0.1%の金利引き下げを受けられます。

申込が可能な人は借り入れ時の年齢が満20歳以上、満66歳未満であること、キャッシングを利用している人はまずは、キャッシングの借入残高の確認をする必要があります。

融資先に消費者金融を検討している人は総量規制が適用されますから年収の1/2を超える借金はできまませんので、事前に計算をしておきましょう。

銀行でも1人当たりの貸付総額が定められている場合がありますのでカードローンなどを利用している銀行から追加で借り入れを希望するという場合は注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで借入可能ですが1人当たりの貸付総額が500万円と決められていますので楽天スーパーローンを300万円借りている人は200万円までしか貸してもらえません。

みずほ銀行の最大融資額は300万円となっているのですがすでにみずほ銀行で無担保ローンを利用している人は、ブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に制限されてしまいますのでご注意ください。

結婚資金と言うと挙式や披露宴など数百万円単位の大金が必要になります。

結婚式以外にも新婚旅行や引っ越し費用などそれぞれに数十万円程度は必要となってくるでしょう。

ブライダルローンはそれらの多額の資金を低金利で貸し出すのですから普通のカードローンと比較して審査の基準はかなり高く厳しいものになります。

審査の重要なポイントは借主に返済能力があるかです。

本人確認書類の他に源泉徴収票や給与証明書なども必要になります。

ブライダルローンでは基本的には保証人を立てる必要はないのですが審査の結果によっては保証人を立てる事で融資を受けられるという条件が付くこともあります。

楽天銀行にはブライダルローンがあり楽天会員の方であれば簡単にオンライン手続きが可能です。

金利は固定で年7.0%、借入可能金額は最大300万円、返済額は月々1万円からOKです。

楽天銀行から借り入れをする際に注意することは楽天銀行の融資額は1人あたりMAX500万円までと決まっていることです。

つまり、ブライダルローンを申し込んだ時点で、既に楽天スーパーローンで300万円の借入れがある人はブライダルローンでは500万から差し引いた額、つまり200万円までしか借りられないのです。

申込には本人確認書類、収入証明書などが必要となるほか、融資実行後に、領収書など支払が確認できる書類を1か月以内に提出することが義務付けられています。

ブライダルローンとカードローンはローンを組んで借りると言う点では共通していますが両者には大きく異なる点がいくつもありますので気を付けなければいけません。

ブライダルローンというローンは銀行や信販会社が提供する目的別ローンで、カードローンは銀行や消費者金融業者が提供するフリーローンです。

貸出金利についても両者は大きな差があり、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンだと3.0%から18.0%という高金利が相場です。

申込手続きや審査は、ブライダルローンは複雑で時間がかかるのですが、カードローンは比較的簡単な審査と言われており、即日融資も可能というサービスも珍しくありません。

しかし、ブライダルローンは借入限度額が大きいのに対しカードローンだと、は実績を積まなければ数十万円程度しか借りられません。

銀行のブライダルローンは学費ローンやリフォームローンなどのように使途が限定されたサービスになっています。

使い道を結婚に関係する資金と限定することで一般のキャッシングローンと比べて低い金利で融資を受けられるのが大きな特徴です。

一方、消費者金融のキャッシングでは目的別ローンになっておらず使い道が自由なフリーローンになります。

金利はと言うと、消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%なのに対しブライダルローンは5%から7%前後と格段に低くなっています。

また、ブライダルローンは数百万円単位で借入可能に対し消費者金融からの借り入れの場合、初回の借入額は数十万円が相場です。

ブライダルローンというものは、結婚に使途を限定してお金を貸してくれるサービスで一般的なカードローンと比べると低い金利でお金を借りることができます。

消費者金融や一部の銀行カードローンは無利息期間がありますがブライダルローンには無利息サービスは設けられていません。

結婚に関する資金を無利息でと考えているのであれば無利息期間が設けられているカードローンでブライダル資金を借り入れることをおすすめします。

カードローンであれば、30日程度の無利息期間が用意されていることが多いので結婚式のご祝儀で完済できれば、実質無利息のブライダルローンということができます。

カードローンは一般的に金利が高いことで有名ですが、無利息期間内に完済してしまえば、金利が高くても怖くありません。

ブライダルローンは結婚式のために融資を受けるという大義名分はあるのですが金融機関からお金を借りることには変わりないので、事前にシミュレーションをすることが肝心です。

結婚式費用だけでも相場は300万円と言われていますからまずは300万を想定し毎月の返済額や、借入金利を含めて計算してみましょう。

借入金300万円、ボーナス払い無し、金利7.0%、月々の支払は4万円ということで計算した結果、支払回数は100回で、支払期間はなんと8年3か月もかかってしまうことがわかりました。

ご祝儀の収入で返済をしようと計画していても結婚式は赤字になるのが普通なので、300万円の結婚式で100万円くらいは赤字担ってしまう人がほとんどです。

そうなると、ご祝儀目当てで100万円のローンを組めばいいと考えがちですが想定していたご祝儀が絶対受け取れるというわけではありませんから、ご祝儀を当てにするのは危険です。
Copyright (c) 2014 ブライダルローン審査甘い銀行は?審査落ちしないおすすめローンの組み方 All rights reserved.