ブライダルローン審査甘い銀行は?審査落ちしないおすすめローンの組み方

結婚式には大きくお金がかかりますよね?当サイトでは結婚資金を調達するためのブライダルローンでのお金の借り方や審査基準に関してご紹介します。
ページの先頭へ
トップページ > ブライダルローンというものは結婚に限定した目的別ロ

ブライダルローンというものは結婚に限定した目的別ロ

ブライダルローンというものは結婚に限定した目的別ローンですから結婚に関する費用以外の使い道に利用してはいけません。

使い道を限定することで金利を低くした目的別ローンと呼ばれるサービスで医療ローンや教育ローンなどと同じ種類と言えます。

ブライダルローンの使い道として認められているものは、挙式・披露宴や衣装代のほかに新婚旅行の旅費や引っ越し費用などがあります。

カードローンなどのフリーローンと大きく違うのは使い道を証明できる書類がないと融資が下りないということです。

例えば、結婚式場が発行した見積書や請求書の提出が求められるほか支払完了後に、領収書や振込控えなどの写しの提出が必要となることもあります。

結婚資金と言うと挙式や披露宴など数百万円単位の大金が必要になります。

結婚資金というはお式以外にも新婚旅行や新居の入居費用も含まれますのでそれぞれに数十万円もの費用が必要になるでしょう。

ブライダルローンは結婚式に関する多額の資金を低金利で貸してくれるわけですから一般のカードローンと比べて審査のハードルはかなり高いことを覚悟しましょう。

審査のポイントは借主に返済能力があるかを確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他に源泉徴収票や給与証明書などの収入を証明する書類も必要になります。

ブライダルローンでは保証人は必須とはされていないのですが審査の結果によっては保証人を立てる事で融資を受けられるという条件が付くこともあります。

オリコが提供するブライダルローンはブライダルプランというサービス名で貸付利率は6.0%から13.2%、融資金額は10万円から300万円となっています。

申込資格は満20歳以上で安定した収入がある人と規定されているだけなので収入や雇用形態などは特に気にしなくても良いようです。

返済期間は6か月から最長で84か月あり、融資金額が50万円以下の場合は最長で4年です。

申込に必要な書類は本人確認書類や資金の使途を証明する書類の写しとなりますがオリコでの借入れ額の総額が50万円を超える場合は所得証明書類の提出が必要です。

前年度の源泉徴収票などの所得証明書類の提出が必要になります。

楽天銀行では目的型ローンでブライダルローンを提供していて楽天会員や口座がある人であれば簡単にオンラインで手続きができます。

金利は固定金利で年7.0%、最高融資金額は300万円で毎月の返済額は1万円から可能なので、余裕のある返済が可能です。

楽天銀行からローンを組む際に気を付けることは楽天銀行の最大融資額は1人あたり500万円までという点です。

つまり、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいるという場合はブライダルローンでは500万から差し引いた額、つまり200万円までしか借りられないのです。

申込に必要な書類は本人確認書類などがあり融資を受けた後には領収書や振込控の写しなどを1か月以内に提出しなければいけません。

ブライダルローンというものは結婚のためにローンを組んでくれるサービスのことで銀行や信販会社などでローンを組むことができます。

一般のカードローンよりも金利が低くおすすめなのですが、手間や時間がかかるというデメリットもあります。

通常カードローンは借りたお金の使途は自由ですが、ブライダルローンは、結婚に関する目的以外には認められません。

結婚に関わる資金と言っても挙式や披露宴、婚礼衣装、結婚指輪など結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や引っ越し費用などかなりのお金が必要になってきます。

ある程度結婚資金を貯めてから結婚しようと考えている方もいるかと思いますが金利が低いブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめですよ。

ブライダルローンで1番かかるものといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴を行う場合、いくらくらい掛かるのが相場なのでしょうか?全国的に一番多い価格帯は300から350万円ほどで全体の15.1%となっており次点で400万円から500万円(12.4%)、その次が350万円から400万円(10.9%)となっています。

全国の平均相場価格は専門誌やサイトによってある程度ばらつきはありますが250万円から350万円の範囲となっています。

結婚に必要な費用は挙式や披露宴のほかにも新婚旅行費や、引っ越し代など結婚式費用プラス100万円以上は必要になるでしょう。

更に「できちゃった婚」の場合には出産費用や新生児用品の購入費も必要となってきますのでプラス2、30万円はかかることを見積もってローンを組む必要があります。

みずほ銀行にはブライダルローンというローンは用意されていないのですが結婚式や新婚旅行にも使えるみずほ銀行多目的ローンがあります。

最長返済期間が7年、最大融資金額が300万円までとなっておりますが多目的ローンを含めた無担保ローンの借入残高が、前年度の税込年収の50%以内であることが条件となっており条件をクリアできないと融資を受けることができません。

固定金利は年6.700%と低い金利なのが特徴的ですが更に低金利な変動金利も選択することができます。

又、現在みずほ銀行にて、証書貸付ローンを利用中(利用していた人)の人はさらに年0.1%の金利引き下げを受けられます。

申込対象者は満20歳以上満66歳未満、完済時年齢が満71歳未満であること、勤続年数が2年以上で前年度税込年収が200万円以上です。

ブライダルローンの返済方法をどのようにするべきか頭を抱えている人も多いと思いますがご祝儀を当てにして返済プランを考えてはいけません。

300万円の結婚式を挙げたとして、その費用をご祝儀で全額回収することは困難といわれており100万円程度の赤字になってしまうのがほとんどのようです。

具体的に計算してみると、1人あたり3万円のご祝儀を包んでくれたと仮定し招待者数が70人だと、ご祝儀の総額は210万円ということになりますので、90万円の赤字になります。

頑張って100人招待できればギリギリ300万円で完済しきれる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できたという人の割合はというと全体の45%ほどだそうです。

残りの55%の人たちは一括返済できなかったということです。

カードローンなどのキャッシングを利用している人はまずは、キャッシングの借入残高の確認をする必要があります。

借入先に消費者金融を考えている人は総量規制が適用されますから年収の1/2を超える借り入れはできませんので事前にしっかりと計算をしておきましょう。

銀行でも無制限に貸してくれるというわけではなく、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのですでに、カードローンなどを利用している銀行からさらに追加で融資を望んでいるという場合は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで融資可能となっていますが1人当たりの貸付総額が500万円と決められていることから、楽天スーパーローンを300万円借りている人は200万円までしか融資を受けられないことになります。

みずほ銀行の場合も最大融資額は300万円ですが、すでにみずほ銀行で無担保ローンを利用している人は、ブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に制限されてしまいますのでご注意ください。

銀行のブライダルローンは楽天銀行や千葉銀行のように専門のローンもありますが大多数の銀行では目的別ローンといったローンで提供することが多いようです。

クレジットカード会社が提供しているブライダルローンはというと、式場と提携しているケースが多く、指定の式場で式をあげることが融資の条件となっていたりします。

銀行のブライダルローンの金利は5%から7%が相場ですが式場提携タイプは6.0%から15.9%と高めです。

金利面では銀行のブライダルローンのほうが圧倒的にお得に思えますがクレジット会社でも銀行と同じくらい低金利なものもあります。

ジャックスのプレシャンテは金利が6.5%ですから楽天銀行よりも低金利な上に限度額は500万円ですし、クレジット対応ということから口コミ評価は高いです。
Copyright (c) 2014 ブライダルローン審査甘い銀行は?審査落ちしないおすすめローンの組み方 All rights reserved.