ブライダルローン審査甘い銀行は?審査落ちしないおすすめローンの組み方

結婚式には大きくお金がかかりますよね?当サイトでは結婚資金を調達するためのブライダルローンでのお金の借り方や審査基準に関してご紹介します。
ページの先頭へ
トップページ > 銀行のブライダルローンは楽天銀行などの専門の

銀行のブライダルローンは楽天銀行などの専門の

銀行のブライダルローンは楽天銀行などの専門のローンを提供しているところもありますがほとんどの銀行では多目的ローンといった形で対応することが多いようです。

一方でクレジットカード会社が提供するブライダルローンもありますが式場と提携している場合が多く、指定の式場で挙式をあげることが融資条件となっていることが多いです。

銀行のブライダルローンの金利は5%から7%が相場ですが式場提携タイプのブライダルローンは6.0%から15.9%と高めに設定されています。

金利面で判断すると銀行のブライダルローンのほうがお得に感じますがクレジット会社でも銀行なみに低金利なものもあります。

ジャックスのプレシャンテは金利が6.5%ですから楽天銀行よりも低金利な上に限度額は500万円で、クレジット対応なので口コミ評価はかなり良いようです。

オリコのブライダルローンはブライダルプランという商品名で貸付金額は10万円から300万円、利率は6.0%から13.2%です。

申込資格は満20歳以上であることと、安定した収入がある人としか規定されていないので収入制限や雇用形態、勤続年数などの条件はありません。

返済期間は6か月から最長で7年(84か月)を設定することができ借入金額が50万円以下だと、返済期間は最長で4年です。

本人確認書類や資金の使途を証明する書類の写しが必要となるほかブライダルプランでの融資を含め、オリコでの借入れ総額が50万円を超える場合は所得証明書類を提出しなければいけません。

又、オリコからの借入れ合計額と他の貸金業者からの借入れ合計額が100万円を超える場合も前年度所得証明書類の提出が必要になります。

銀行が提供するブライダルローンはいわゆる目的別ローンでリフォームローンや医療ローンのように使途を限定したサービスになっています。

使途を結婚に関連する資金と限定することで一般のキャッシングローンと比べて低い金利で融資を受けられるのが大きな特徴です。

一方、消費者金融のキャッシングサービスは目的別ローンではありませんので使い道が自由なフリーローンになります。

カードローンの金利相場は3.0%から18.0%なのに対しブライダルローンは5%から7%前後が相場と言われていますので、格段に低金利です。

また、ブライダルローンは数百万円単位で借入可能に対しカードローンだと、初回の借入額は多くて数十万円が関の山です。

ブライダルローンはその名の通り結婚費用に限定された目的別ローンですので結婚に関する費用以外では使い道を許可されていません。

使い道を限定することで金利を低くした目的別ローンと呼ばれるサービスでリフォームローンや教育ローンなどと同じ種類です。

ブライダルローンで認められている使い道には挙式や衣装代のほかに新婚旅行費や、新居の引っ越し代・礼金敷金、家具家電の購入費用などが認められています。

フリーローンと何が違うのかというと使い道を証明する書類を必要になることです。

結婚式場が発行した見積書や請求書の提出が必要となり支払完了後に、領収書や振込控えなどの写しの提出が必要となることもあります。

結婚資金と言うと挙式や披露宴、衣装代、結婚指輪など100万円単位の大金が必要になってきます。

結婚資金というはお式以外にも新婚旅行や新居の入居費用も含まれますのでそれぞれに数十万円もの費用が必要になるでしょう。

ブライダルローンはそういった資金を低い金利で貸してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査はかなり高く厳しいと言われています。

審査のポイントは返済能力の有無を確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他に源泉徴収票や給与証明書なども必要になります。

ブライダルローンでは保証人は必須とはされていないのですが審査の結果によっては保証人を付けることが融資の条件となる場合もあります。

キャッシングを利用している人はブライダルローンに申し込む前に借入残高の確認をする必要があります。

借入先に消費者金融を希望している人は総量規制が適用されますので年収の半分を超える借り入れはできません。

事前にしっかりと計算をしておきましょう。

銀行でも無制限に貸してくれるというわけではなく、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのでカードローンを利用している銀行から追加で借り入れを考えているという人は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで融資可能となっていますが1人当たりの貸付総額が500万円ですので、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいる場合200万円までしか貸してもらえません。

みずほ銀行の場合はというと、最大融資額は300万円なのですが、みずほ銀行で無担保ローンを利用している人はブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に抑えられてしまいます。

ブライダルローン組む際に1番多く費用が掛かるのが結婚式の費用ですが挙式と披露宴だといくらぐらいが相場なのでしょうか?番多いのは300万円から350万円の価格帯で全体の約15%を占めており第2位は400万円から500万円(12.4%)、第3位は350万円から400万円(10.9%)となっています。

全国の平均相場価格は専門誌やサイトによってある程度ばらつきはありますがおおよそ250万円から350万円の範囲が相場のようです。

結婚にかかる費用は挙式・披露宴以外にも多くあり新婚旅行の費用や、新居の引っ越し代、家具や家電の購入費用などでプラス100万円以上はかかるでしょう。

更におめでたとなると、出産費用やおむつなど準備も必要になりますのでプラス20から30万円を見積もってローンを組む必要があります。

ブライダルローンは結婚に関する使途に限定して融資してくれるローンで一般的なカードローンと比較すると低金利で融資を受けることができます。

消費者金融などには無利息期間が設けられていますがブライダルローンは目的別ローンなので無利息サービスはありません。

結婚に関する資金を無利息でと考えているのであれば無利息期間が用意されているカードローンでの借り入れがおすすめです。

消費者金融カードローンなら初回利用者は30日程度の無利息期間がありますから結婚式のご祝儀で完済できる額であれば、実質無利息のブライダルローンというわけです。

カードローンというと、金利が高いイメージがありますが無利息期間内に完済するのですから、いくら金利が高くても関係ありません。

みずほ銀行にはブライダルローンはないのですが結婚費用にも利用可能なみずほ銀行多目的ローンが用意されています。

最長返済期間は7年で、最大融資金額が300万円、多目的ローンを含めたローンの借入残高が前年度税込年収の50%以内でなければ融資を受けることができません。

また、みずほ銀行で証書貸付ローンを利用中、あるいは利用していた人は年0.1%の金利引き下げサービスも享受できます。

申込ができる人は満20歳以上満66歳未満の人ブライダルローンとカードローンはお金を借りると言う意味では同じなのですが両者には大きく異なる点がいくつもありますので気を付けなければいけません。

ブライダルローンというローンは銀行や信販会社が提供する目的別ローンで、カードローンは消費者金融等が提供しているフリーローンと呼ばれるものです。

金利についても二つには大きな違いがあり、ブライダルローンは5%から7%が一般的な相場に対してカードローンの場合、3.0%から18.0%という金利が相場になっています。

申込手続きや審査は、ブライダルローンは複雑で時間がかかるのですが、カードローンは比較的審査が早く、即日融資が可能なサービスも少なくありません。

一方で、ブライダルローンは借入限度額が数百万円単位と高額な借り入れを可能としているのに対しカードローンの場合、借入実績を積まなければ高額融資が受けられませんので、最初のうちは数十万円程度しか借りられないというデメリットがあります。
Copyright (c) 2014 ブライダルローン審査甘い銀行は?審査落ちしないおすすめローンの組み方 All rights reserved.