ブライダルローン審査甘い銀行は?審査落ちしないおすすめローンの組み方

結婚式には大きくお金がかかりますよね?当サイトでは結婚資金を調達するためのブライダルローンでのお金の借り方や審査基準に関してご紹介します。
ページの先頭へ
トップページ > ブライダルローンは結婚に利用目的を

ブライダルローンは結婚に利用目的を

ブライダルローンは結婚に利用目的を限定して融資してくれるサービスでカードローンよりも低金利でお金を借りることができます。

一部の銀行カードローンや消費者金融には無利息期間が設けられていたりしますがブライダルローンは目的別ローンですから無利息サービスというのはありません。

結婚に関する資金を無利息で借りたい場合は無利息期間があるカードローンで結婚資金を借りると良いでしょう。

消費者金融のカードローンなら30日程の無利息期間が設定されているのでご祝儀で完済できる額であれば、実質無利息で借入が可能なブライダルローンということになります。

消費者金融のカードローンは金利が高いと言われていますが無利息期間内に完済できるものであれば、どれだけ金利が高くても関係ありません。

ブライダルローンというローンは結婚のためにお金を融資てくれるサービスのことで銀行やカード会社などが提供しています。

一般のカードローンよりも金利が低いというメリットがある一方で、手間や時間がかかるというデメリットもあります。

通常カードローンは借りたお金の使途は自由ですが、ブライダルローンで借りたお金は結婚に関する出費でのみ使用が認められています。

結婚に関わる資金には、結婚指輪や結婚式のほかにも新婚旅行や新居への入居費用、家具や家電の購入など色々とお金が必要になります。

まずは結婚資金を貯めてから…と考えている人も多いと思いますが、低金利のブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめです。

ローンを考えている人で、キャッシングを利用している人はブライダルローンに申し込む前に借入残高の確認をする必要があります。

融資先に消費者金融を検討している人は総量規制が適用されますから年収の1/2を超える借金はできまませんので、事前に計算をしておきましょう。

銀行でも、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのでカードローンなどを利用している銀行から追加で借り入れを希望するという場合は注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンでは300万円まで借りられるのですが1人当たりの貸付総額が500万円ですので、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいる場合200万円までしか貸してもらえません。

みずほ銀行の場合も最大融資額は300万円ですが、すでにみずほ銀行でローンを組んでいる人は、ブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内という条件になっています。

ブライダルローンを借りる際に返済方法で悩む人は多いと思いますが決して、ご祝儀を当てにして返済プランを組んではいけません。

一般的に300万円の結婚式を挙げた場合にご祝儀で全額回収することは不可能といわれており例えば1人あたり3万円のご祝儀をくれたとしても招待した人が70人の場合、ご祝儀の総額は210万円となり90万円の赤字になってしまいます。

300万円集まってご祝儀で完済しきれる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できたという人の割合はというと全体の45%ほどだそうです。

ブライダルローン組む際に1番ポイントとなるものといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴だといくらぐらいが相場なのでしょうか?一番多い価格帯は300万円から350万円で全体の約15%で次点は400万円から500万円、次いで350万円から400万円という価格帯が相場のようです。

全国平均は専門誌やサイトによってばらつきはありますがおおよそ250万円から350万円の範囲に収まっています。

結婚にかかる費用というものは挙式・披露宴のほかにもいろいろあり新婚旅行費や、引っ越し代など結婚式費用プラス100万円以上は必要になるでしょう。

更に「おめでた婚」になると出産費用や新生児用品の購入費も必要ですからプラス20から30万円多くなることを想定しておきましょう。

クレジットカード会社のオリコのブライダルプラン(ブライダルローン)は融資金額が50万円以下の場合は最長で4年です。

本人確認書類や資金の使途を証明する書類の写しが必要となるほかブライダルプランでの融資を含め、オリコでの借入れ総額が50万円を超える場合は所得証明書類を提出しなければいけません。

又、オリコからの借入れ合計額と他の貸金業者からの借入れ合計額が100万円を超える場合も楽天銀行では目的型ローンブライダルというブライダルローンを提供していて楽天会員や楽天銀行に口座をお持ちであれば簡単に手続きすることができます。

金利は固定金利で年7.0%、最高融資金額は300万円で月々の返済額は1万円からなので、無理のない返済が可能です。

楽天銀行から借入をする際に気を付けたいことは楽天銀行の融資額は1人あたり最大で500万円までと上限が決まっていることです。

つまり、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいるという場合は申込には本人確認書類、収入証明書、資金使途確認書類などが必要になり融資実行後は領収書等、支払が確認できる書類を提出しなければいけません。

銀行のブライダルローンは目的別ローンとされていることが多くリフォームローンなどのように使途が限定されたサービスになっています。

使途を結婚式に関連する資金と限定することで一般のカードローンよりも低い金利で借りることができるのが大きなメリットです。

これに対して消費者金融のキャッシングサービスには目的別ローンはなく使い道に制限が課せられないフリーローンになります。

気になる金利ですが、消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%ですがブライダルローンは5%から7%前後と格段に低くなっています。

また、ブライダルローンは数百万円単位で大金を借り入れることができるのに対し消費者金融カードローンは初回の借入額は数十万円が相場です。

ブライダルローンは楽天銀行などのように専門のローン提供している場合もありますがほとんどの銀行では多目的ローンといった形で対応することが多いようです。

クレジットカード会社が提供するブライダルローンの場合は式場と提携しているケースが多く、クレジット会社指定の式場で結婚式をあげることが融資を受ける条件になっていたりします。

銀行のブライダルローンの金利は5から7%が相場なのに対し式場提携タイプのブライダルローンは6.0%から15.9%と高めに設定されています。

金利面から見ると銀行のブライダルローンのほうが魅力的ですがクレジット会社でも銀行と同じくらい低金利なものもあります。

その中でもジャックスの「プレシャンテ」は金利6.5%と楽天銀行よりも低金利な上に限度額は500万円ですし、クレジット対応ということから口コミ評価は高いです。

みずほ銀行にはブライダルローンという商品はありませんが結婚費用にも使える「みずほ銀行多目的ローン」が用意されています。

最長返済期間は7年で、最大融資金額が300万円、多目的ローンを含めた無担保ローンの借入残高が前年度税込年収の50%以内であることが条件です。

固定金利は年6.700%で、さらに低金利である変動金利にすることもできます。

又、みずほ銀行で証書貸付ローンを利用中、あるいは利用していたという人であればさらに年0.1%の金利引き下げサービスが受けられます。

申込ができる人は満20歳以上満66歳未満の人
Copyright (c) 2014 ブライダルローン審査甘い銀行は?審査落ちしないおすすめローンの組み方 All rights reserved.