ブライダルローン審査甘い銀行は?審査落ちしないおすすめローンの組み方

結婚式には大きくお金がかかりますよね?当サイトでは結婚資金を調達するためのブライダルローンでのお金の借り方や審査基準に関してご紹介します。
ページの先頭へ
トップページ > 銀行が提供するブライダルローンは目的別ローンにカテ

銀行が提供するブライダルローンは目的別ローンにカテ

銀行が提供するブライダルローンは目的別ローンにカテゴリー分けされてることが多くリフォームローンなどのように使途が限定されたサービスになっています。

使い道を結婚式や新生活の資金と限定することで一般のキャッシングローンよりも低い金利で借りることができるのが大きな特徴です。

一方、消費者金融のキャッシングでは目的別ローンになっておらず使途が自由なフリーローンとなっています。

消費者金融のカードローンの金利はだいたい3.0%から18.0%が一般的ですがブライダルローンは5%から7%なので、圧倒的に低金利だということはお分かり頂けるかと思います。

又、ブライダルローンは数百万円単位で融資を受けることができるのですがカードローンだと、初回の借入額は多くて数十万円が関の山です。

ブライダルローンというサービスを提供している金融機関は数多ありますがどこを注意して決めればいいのでしょうか?ブライダルローンは利用目的が限られているローンなのですが資金の使途に関する制限は各種金融機関によっても異なることがありますので注意が必要です。

例を挙げると、楽天銀行の場合は新婚旅行費用だけの借入れは不可となっていますしジャックスだと、使途に挙式と披露宴が含まれていれば、それ以外の費用も認めてくれるというものです。

ですから、ブライダルローンの選び方で大切なことは資金使途の範囲がどこまで認められているかをということなのです。

金利が低く融資の限度額が大きければ大きいに超したことはありませんが毎月の返済額や最長返済期間なども考慮して無理のないプランが組めるローンを選びましょう。

ブライダル資金と言うと結婚式や結婚指輪などこだわればこだわった分大金が必要になります。

結婚資金というはお式以外にも新婚旅行や新居の入居費用も含まれますのでそれぞれに数十万円程度の資金が必要になります。

ブライダルローンは結婚式に関する多額の資金を低金利で貸してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査のハードルは高くなっています。

審査の重要なポイントになるのは借主に返済能力があるかないかを確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他、源泉徴収票や収入を証明する書類なども求められます。

ブライダルローンでは基本的には保証人を立てる必要はないのですが審査の結果によっては保証人が必須となる場合もあります。

楽天銀行では目的型ローンでブライダルローンを提供していて楽天会員や口座がある人であれば簡単にオンラインで手続きができます。

固定金利で年7.0%、融資金額は最高で300万円となっていて毎月の返済額は1万円からOKとなっています。

楽天銀行から融資を受ける際に注しなければいけないことは楽天銀行の最大融資額は1人あたり500万円までという点です。

ブライダルローンでは500万から差し引いた額、つまり200万円までしか借りられないのです。

申込に必要な書類は本人確認書類、収入証明書、資金使途確認書類で融資を受けた後は領収書等、ローンを正しい使途で使ったことを証明できる書類を1か月以内に提出するように義務付けられています。

ブライダルローンは結婚のためにお金を貸してくれるサービスのことで銀行や信販会社などでローンを組むことができます。

一般のカードローンよりも金利が低くおすすめなのですが、普通のカードローンと比べて手間や時間がかかるというデメリットもあります。

また、普通のカードローンは借りたお金は自由に使えますがブライダルローンは、結婚に関する目的以外には認められません。

結婚に関わる資金には、結婚指輪や結婚式のほかにも新婚旅行や新居への入居費用、家具や家電の購入など色々とお金が必要になります。

結婚資金を貯めてから結婚するという人も多いですが、低金利のブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめです。

無担保ローンの借入残高が前年度の税込年収の50%以内でなければローンを組めません。

固定金利は年6.700%と低い金利なのが特徴的ですが更に低金利な変動金利も選択することができます。

また、現在みずほ銀行で証書貸付ローンを利用しているという人、または過去に利用していた人は勤続年数は2年以上必要で、前年度の税込年収が200万円以上が対象となっています。

オリコのブライダルローンはブライダルプランという商品名で申込条件は満20歳以上で安定した収入がある人で、収入や雇用形態などは特に気にしなくても良いようです。

返済期間は6か月から最長84か月で融資金額が50万円以下の場合は最長で4年です。

申込時にロ本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しが必要になり、オリコでの借入れ額の総額が50万円を超える場合は所得証明書類の提出が必要です。

又、オリコからの借入れ合計額と他の貸金業者からの借入れ合計額が100万円を超える場合も前年度の源泉徴収票などの所得証明書類の提出が必要になります。

ブライダルローンというものは結婚に限定した目的別ローンですから結婚に関する費用以外では使い道を許可されていません。

ブライダルローンは使い道を限定することで低金利になる目的別ローンでありリフォームローンや教育ローンなどと同じ種類です。

認められている使い道には挙式・披露宴のほかに新婚旅行費や、新居の引っ越し代・礼金敷金、家具家電の購入費用などが認められています。

フリーローンと何が違うのかというと使い道を証明できる書類が必須となっているところです。

結婚式場が発行した見積書や請求書の提出が必要となり支払完了後には領収書などの提出も求められることがあります。

現在、カードローンなどでキャッシングを利用しているという方はブライダルローンを申請する前に借入残高の確認をしなければなりません。

借入先に消費者金融を希望している人は総量規制が適用されますので年収の1/2を超える借金はできまませんので、事前に計算をしておきましょう。

銀行でも1人当たりの貸付総額が定められている場合がありますのでカードローンなどを利用している銀行から追加で借り入れを希望するという場合は注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンでは300万円まで借りられるのですが1人当たりの貸付総額が500万円ですので、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいる場合200万円までしか貸してもらえません。

みずほ銀行の場合も最大融資額は300万円ですが、みずほ銀行でローンを利用している人は、貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に抑えられてしまいます。

ブライダルローンとカードローンはキャッシングと言う意味では同じかもしれませんが二つには大きな違いがいくつもあります。

まず、ブライダルローンは銀行や信販会社が提供する目的別ローンですがカードローンというものは、銀行や消費者金融業者がサービスを提供しているフリーローンです。

貸出金利も大幅に違っていて、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンだと3.0%から18.0%という高金利が相場です。

手続きや審査に関してはブライダルローンは複雑で時間がかかるのに対しカードローンは審査がスピーディーで、即日融資をウリにしているサービスも多くあります。

一方で、ブライダルローンは借入限度額が数百万円単位と高額な借り入れを可能としているのに対しカードローンの場合、借入実績を積まなければ高額融資が受けられませんので、最初のうちは数十万円程度しか借りられないというデメリットがあります。
Copyright (c) 2014 ブライダルローン審査甘い銀行は?審査落ちしないおすすめローンの組み方 All rights reserved.