電気工事士資格取得方法

電気工事士という資格があります。

これは総務省管轄の国家資格で、財団法人電気技術者試験センターが行う試験です。

電気工事士には第一種(第二種をカバーするほか、最大電力500キロワット未満の工場・ビルの工事に従事できる)と第二種(一般住宅や店舗など600ボルト以下で受電する設備工事に従事できる)の二種類があります。

電気工事士になるには、まずは第二種免許を取得を目標にする必要があります。

一番の近道は職業訓練施設で電気工事士養成課程を修了することで、無試験で第二種電気工事士免状を取得することができます。

それ以外は受験をすることになります。

筆記試験と技能試験からなり、筆記試験合格者は技能試験に進むことができ、両方合格してはじめて第二種電気工事士の資格を得ることができます。

第一種電気工事士の場合は、同様に筆記と実技からなる試験に合格する必要がありますが、その後実務経験が必要になります。

大学等で電気工事士法で定める課程を修了した方は3年以上、それ以外の方は5年以上の実務経験が求められます。

この電気工事士の資格を保有していると、他の公的資格の受験資格が得られたり、また資格取得同等の認定を受けることができます。

特殊電気工事資格者というネオンサインの工事作業に従事できたり(実務経験と講習会参加など必須要件あり)、消防設備士の試験の一部免除があります。

電気工事士の資格を取得すると、一般住宅や、商業ビルなどの電気工事を行う事ができます。

有資格者でないと業務を行えないので、オール電化住宅が主流になりつつ昨今では電気工事士の資格が大きく注目されるようになりました。