フケと抜け毛の関係

フケは新陳代謝の激しい時には自然と出てくるものですが、フケの量が異常に多かったり、長い期間に渡ってフケが出る場合、洗髪してもまたすぐにフケが出る、かゆみやかぶれを伴うなどの時はフケ症になっていますから注意しなければなりません。

フケ症の場合のフケには2つの種類があります。

1つ目は乾いたサラサラしたフケの場合で乾性フケと呼ばれます。

もう1つは、湿り気を帯びたフケで脂性フケと呼ばれます。

乾性フケは頭皮の皮質の量が少ない際に発生するフケでカサカサに乾いています。

この場合には頭皮がむき出しになっているためにダメージを受けやすく、炎症を引き起こしやすくなっています。

かゆみを伴うようであればすでに炎症を起こしていると考えてよいでしょう。

このような場合には、フケとともに大量の抜け毛が発生します。

もう1つの脂フケの場合には、皮脂の分泌が過剰になっていることが原因です。

過酸化脂質などが毛穴いっぱいに詰まって、抜け毛を起こします。

特にこうした脂フケの場合は放置しておくと、脂漏性皮膚炎などに発展する可能性がありますので注意が必要です。

乾性フケにしても脂フケにしても、フケが生じる根本の原因については、まだ良くわかっていません。

特に可能性が高いものとしては、睡眠不足や、栄養のバランスの崩れ、またホルモンの異常などがあげられます。

フケや抜け毛の程度が軽い場合には、適応したシャンプーを使用することで症状を改善できますが、それでも治らないようであれば、皮膚科などの専門医に相談する方が良いでしょう。