ゴールデンクロスとは?

テクニカルチャートの見方の1つに、ゴールデンクロスというものがあります。

これは動きの速い線が、緩やかな動きの線を上回ることをいいます。

短期の移動線が、長期の移動線を突き抜けるときに、ちょうど交差している状態です。

このゴールデンクロスが出ているということは、その銘柄がこれから上がっていくということで、買いのサインといわれています。

ゴールデンクロスをした状態の銘柄なら無条件に買いなのかというと、実際にはそうではありません。

ゴールデンクロスになったからといって、絶対に上がるというわけではないからです。

あくまでも上がる可能性がとても高くなったというものであって、場合によってはそこから下がってしまうこともあります。

なぜこのようなことが起きるのかというと、ゴールデンクロスになりそうな段階で、多くの投資家が買い出します。

これはゴールデンクロスになれば、その後も株価が上がっていくと考えるからです。

しかしそういう人たちにとって、ゴールデンクロスした状態が最高の売り場になるので、一気に売りに出してしまいます。

こういうことがあるので、ゴールデンクロスになりそうだからといって、簡単に信用してはいけません。

このような「だまし」がありますが、ゴールデンクロスがチャンスであるということに違いはありません。

ゴールデンクロスになりそうな銘柄の情報を、専門的に配信している所もあることから、これは明らかです。

このチャンスを活かせるかどうかはその人次第なので、しっかり考えて買うようにしましょう。