ニキビにはどんな種類があるの?

ニキビと一口に言っても、その段階によっていろいろな種類に分類する事ができます。

ニキビが誕生したばかりの状態は、毛穴に皮脂が詰まってしまって肌の表面に出てこれない状態で、肉眼で見てニキビと認識できるわけではありません。

手で触るとなんとなくザラザラしたような感じがあるこの初期段階のうちに角質ケアや毛穴ケアを行なえば、ニキビとして肉眼で認識できる大きさにならずにすむことが多いようです。

肉眼で認識できるニキビの中でも最もダメージの低いタイプは白ニキビと呼ばれるものです。

白ニキビはニキビが出来ている毛穴が皮脂で詰まってしまい、ニキビの先端が白く見えることから「白ニキビ」と呼ばれています。

白ニキビの中にたまっている皮脂が空気に触れて酸化すると、皮脂が黒ずんでニキビが黒っぽく見えることがあります。

これが黒ニキビと呼ばれるものです。

白ニキビも黒ニキビもニキビとしては自分自身でスキンケアに気をつけることで治療をする事ができるレベルなので、炎症を起こしてしまわないように毛穴ケア、そして古い角質を取り除く角質ケアなどを行うと良いでしょう。

ニキビによって周辺の組織が炎症をおこしてしまうと、赤ニキビとよばれるニキビになります。

皮脂分泌が過剰だったりすると、ニキビが表われてから赤ニキビになるまでの時間も短かったりするので、気づいた時には赤ニキビだった、なんて事も中にはあるようです。

赤ニキビになるとニキビ跡として傷になりやすいので、できれば皮膚科を受診して専門治療を行った方が良いですね。