つなぎ売りとは?

金融取引を行う際に覚えておきたい手法につなぎ売りというものがあります。

これは現物取引によって保有している商品の価格が下落してしまいそうな時、その商品を売却しないまま信用取引で空売りする方法です。

購入した商品の価格が下落してしまった場合には当然損益が発生することになります。

下落した段階で売却してしまうとそのまま損益が確定することになります。

しかしつなぎ売りを行うことで損益を受けることのないまま利益を得ることも可能となります。

下落しそうだと読んだ段階で空売りしておけば、実際に下落した際に買戻しの決済で利益を得ることができます。

この利益を現物を売った場合の損益に充てることで補うことができるだけでなく、プラス決算にすることも可能です。

また、下落は一時的である可能性が高く、その後の値上がりも期待できる。

だから現時点ではこの商品は手放したくないといった場合にもつなぎ売りは有効です。

空売りを行うことでその段階で利益を確定することができます。

株式投資の場合、長期的な視野にたって保有しながらも市場の動向を見極めながら短期的な利益を上げていくことも可能となります。

現物取引と信用取引のメリットをうまく組み合わせた取引方法であり、最小限のリスクで安定した利益をえることができる方法といえるでしょう。

なお、信用取引を行うための口座が必要になります。

株式投資などの金融商品で本格的に資産運用を目指そうと思っている人は、このつなぎ売りのやり方を身につけるとよいのではないでしょうか。